ゆずはら置き場/パノラマ観光公社

作家・ゆずはらとしゆきのお仕事報告ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆずはらとしゆきのプロフィール

*■Site■

-「ゆずはら置き場/パノラマ観光公社」
http://www.ll.em-net.ne.jp/~yuz4/



*■Profile■

-名前/ゆずはらとしゆき
-職業/作家(小説家・漫画原作者)


東京都出身。小池一夫氏に師事し、漫画原作者、ゲームシナリオライターなどを経て、小説へ活躍の場を移す。
「昭和」を題材とした空想伝奇小説を得意としている。
主な著作は『空想東京百景』(講談社BOX)、『咎人の星』(ハヤカワ文庫JA)『雲形の三角定規』(双葉社)など。

また、作家業の傍ら、「パノラマ観光公社」名義で、他の作家の出版企画にも携わっている。
こちらは、石田敦子『姉さんゴーホーム』(講談社KCデラックス)、日日日『平安残酷物語』『のばらセックス』(講談社BOX)など。


-2000年 「妖幻天女」(ゲームシナリオ)、「ひまわりスタンダード」上下巻(小説)
-2004年 「ペンデルトーンズ」上下巻(漫画原作)
-2005年 「試作品少女 空想東京百景」(小説)
-2007年 「十八時の音楽浴 漆黒のアネット」(小説)
-2008年 「空想東京百景」1巻(小説)
-2012年 「雲形の三角定規」(小説)
-2013年 「咎人の星」(小説)、「ペンデルトーンズ 咎人の星」上下巻(新装版/漫画原作)


*■Works■

**【小説(雑誌・web連載)】

-「空想東京百景」第三期シリーズ
架空の昭和三十年代〈東京〉を舞台にした伝綺活劇シリーズの続きで、講談社BOXマガジン「パンドラ」(講談社)で連載されました。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/kodansha-box/topics/kusoutokyo/
第一期&第二期に引き続き、イラストはtoi8さん、デザインはヨーヨーラランデーズさんにお願いいたしました。

・第一話「闇の中で見る虹」/Vol.2 SIDE-B
・第二話「殺し屋たちの休暇」/Vol.3
・第三話「空虚でいびつな風景」/Vol.4

現在、第三話まで発表されていますが、「パンドラ」休刊のため、第四話以降は書き下ろしとなります。
「空想東京百景〈V2〉殺し屋たちの休暇」として、単行本化を予定しています。


**【小説(単行本)】

-「咎人の星」
ハヤカワ文庫JA(早川書房)から発売されました。異星の罪人とともに、1991年から2012年までの荒涼たる世界を生きた一人の女性の人生を描いたSF小説です。
かつて、漫画原作を担当した「ペンデルトーンズ」をベースに、新作小説として書き下ろしました。
イラストは小川麻衣子さん、ブックデザインは岩郷重力+WONDER WORKZ。さんにお願いいたしました。


咎人の星 (ハヤカワ文庫JA)咎人の星 (ハヤカワ文庫JA)
(2013/01/25)
ゆずはらとしゆき

商品詳細を見る



-「雲形の三角定規」
双葉社から発売されました。1990年代の東京を舞台に、漫画家を目指す二人の青年と、二人の前に現れた怪しげな青年が繰り広げる青春小説です。
http://www.f-bungei.jp/
2010年7月から2011年11月まで、双葉社文芸webマガジン「カラフル」で連載されました。
単行本化に際して、イラストは雨隠ギドさん、ブックデザインは重原隆さんにお願いいたしました。


雲形の三角定規雲形の三角定規
(2012/05/16)
ゆずはら としゆき

商品詳細を見る



-「空想東京百景」
講談社BOX(講談社)から発売されました。架空の昭和三十年代〈東京〉を舞台に、異能の探偵や拳銃遣い、サイボーグ美女などが活躍する伝綺活劇の第一期シリーズと第二期シリーズを収録しています。
キャラクターデザイン・作画はtoi8さん、ブックデザインはヨーヨーラランデーズさんにお願いいたしました。


空想東京百景 (講談社BOX)空想東京百景 (講談社BOX)
(2008/05/08)
ゆずはら としゆき

商品詳細を見る



-「十八時の音楽浴 漆黒のアネット」
ガガガ文庫(小学館)から発売されました。故・海野十三先生の小説「十八時の音楽浴」と「火葬国風景」を翻案した〈跳訳〉シリーズ第1弾です。
イラストは宮の坂まりさん、ブックデザインはヨーヨーラランデーズさんにお願いいたしました。


十八時の音楽浴―漆黒のアネット (ガガガ文庫)十八時の音楽浴―漆黒のアネット (ガガガ文庫)
(2007/06/19)
ゆずはら としゆき

商品詳細を見る



-「試作品少女 空想東京百景」
二見ブルーベリー文庫(二見書房)から発売されました。「空想東京百景」シリーズですが、「講談社BOX版に向けての実験的な外伝」として書いていました。
基本設定は第三期シリーズと同じですが、パラレルワールド的な内容になっています。イラストは宇佐美渉さんでした。


試作品少女 空想東京百景 (二見ブルーベリー)試作品少女 空想東京百景 (二見ブルーベリー)
(2005/10/21)
ゆずはら としゆき

商品詳細を見る




**【コラム・エッセイ(雑誌掲載)】

-「甘美な忘却、キャラクターになりたいひとびと。」
青土社「ユリイカ」2010年6月号で、エッセイ「甘美な忘却、キャラクターになりたいひとびと。」を書かせていただきました。


-「オタク・サブカル人間臨終図巻」
講談社BOXマガジン「パンドラ」(講談社)で連載していました。
「山田風太郎トリビュート・嵐」からスタートした企画コラムで、「昭和三十年代以降に亡くなられた文化人の方々」から、原著では取り上げていない方を選んだ「現代版・人間臨終図巻」みたいなコンセプトです。イラストは吉原基貴さんが担当していました。


-「かくのごとく、われきけり」
講談社BOXマガジン「パンドラ」Vol.3で、エッセイ「かくのごとく、われきけり」を書かせていただきました。


-「〈悪しきもの〉と〈子〉の迂遠な事情」
青土社「ユリイカ」2008年12月号で、エッセイ「〈悪しきもの〉と〈子〉の迂遠な事情」を書かせていただきました。


-「日常の謎」
講談社「メフィスト」2008年9月号で、テーマエッセイ「日常の謎」を書かせていただきました。


-「男の〈顔〉と喰えない女」
青土社「ユリイカ」2008年9月号で、エッセイ「男の〈顔〉と喰えない女」を書かせていただきました。



**【漫画原作(単行本)】

-「ペンデルトーンズ 咎人の星」
一迅社から上下巻で発売されました。「ペンデルトーンズ」の新装版です。
ブックデザインは楠目智宏+池田悠(arcoinc)さんにお願いいたしました。


ペンデルトーンズ 咎人の星 上巻 (REXコミックス)ペンデルトーンズ 咎人の星 上巻 (REXコミックス)
(2013/02/27)
宇佐美 渉

商品詳細を見る



-「ペンデルトーンズ」
大都社から上下巻で発売されました。作画は宇佐美渉さん、ブックデザインは小石川ふに(デコネコ)さんにお願いいたしました。
ひねくれ眼鏡っ娘(幼児体型)とメイド宇宙人(♂)のラブストーリーです。


ペンデルトーンズ 上 (ダイトコミックス)ペンデルトーンズ 上 (ダイトコミックス)
(2004/08/05)
ゆずはら としゆき、宇佐美 渉 他

商品詳細を見る




**【漫画原作(読切・短期集中連載)】

-「CANDYPOP KILL! KILL!」
「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)Vol.4+Vol.5に掲載されました。


-「珠神サンセット」
「ゼロサムWARD」(一賽舎)創刊号に掲載されました。


-「メイプル・フール・デイズ」
ノンクレジットですが、「メイプル・フール・デイズ」という単行本に収録されています。


-「魔女っ娘先生ぱすてるファルナ」
ノンクレジットですが、「Pastel Colors」という単行本に収録されています。



**【企画協力(単行本)/パノラマ観光公社】

-「平安残酷物語」「のばらセックス」「図書館パラセクト」
講談社BOXから発売された、日日日さんの小説単行本シリーズです。
「パノラマ観光公社」名義の出版企画・プロデュース作品として、企画編集を担当しています。
イラストを千葉サドルさん、ブックデザインをヨーヨーラランデーズさんにお願いいたしました。


平安残酷物語 (講談社BOX)平安残酷物語 (講談社BOX)
(2011/11/02)
日日日

商品詳細を見る


のばらセックス (講談社BOX)のばらセックス (講談社BOX)
(2011/11/02)
日日日

商品詳細を見る


図書館パラセクト (講談社BOX)図書館パラセクト (講談社BOX)
(2013/07/02)
日日日

商品詳細を見る



-「ビスケット・フランケンシュタイン〈完全版〉」
講談社BOXから発売された、日日日さんの小説単行本です。
学研メガミ文庫から刊行された作品の〈完全版〉です。
イラストをtoi8さん、ブックデザインをヨーヨーラランデーズさんにお願いいたしました。


ビスケット・フランケンシュタイン〈完全版〉 (講談社BOX)ビスケット・フランケンシュタイン〈完全版〉 (講談社BOX)
(2013/09/03)
日日日、toi8 他

商品詳細を見る



-「姉さんゴーホーム」
講談社BOXから発売された、石田敦子さんの漫画単行本です。
不思議なご縁で、企画編集をさせていただきました。ブックデザインはヨーヨーラランデーズさんにお願いいたしました。
クレジットはありませんが、「パノラマ観光公社」名義の出版企画・プロデュース作品になります。


姉さんゴーホーム (KCデラックス)姉さんゴーホーム (KCデラックス)
(2009/12/22)
石田 敦子

商品詳細を見る




**【その他(インタビューなど)】

-「仕事人、“戦場”を語る!」
さくまあきらさんへのインタビューです。少年ジャンプと「ジャンプ放送局」のことについてお聞きしました。
「STUDIO VOICE」(INFASパブリケーションズ)2008年2月号に掲載されています。




※「ペンデルトーンズ」以前の「柚原季之」名義では、「妖幻天女」と「ひまわりスタンダード」を発表していますが、習作の要素が強かったり、友人との共同制作だったりするので、念のため「ゆずはらとしゆき」作品とは分けています。
※「ゆずはらとしゆき」の初期は兼業作家でしたので、雑誌上ではノンクレジットでした。
※このリスト以外にも漫画原作を担当した作品がいくつかありますが、漫画家さんとの共同制作の色合いが強いので、許可をいただいた作品のみ、掲載しています。

スポンサーサイト
  1. 2000/01/01(土) 01:01:01|
  2. ブログのお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ゆずはらとしゆき

Author:ゆずはらとしゆき
東京在住。作家。
著作に『空想東京百景』シリーズ(講談社、一迅社)、『咎人の星』(早川書房)、『雲形の三角定規』(双葉社)、『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』(小学館)など。
「パノラマ観光公社」名義で、〈日日日×千葉サドル〉シリーズ(講談社)などの出版企画者としても活動中。

http://www.ll.em-net.ne.jp/~yuz4/

最新記事

ゆずはらとしゆき@Twitter

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログのお知らせ (5)
新刊のお知らせ (9)
パノラマ観光公社 (5)
雑誌掲載など (16)
同人活動とか (1)
未分類 (0)
与太話 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。